顔脱毛のリスク

MENU

顔脱毛のリスク

顔脱毛によって引き起こされると言われているは肌トラブルにはいくつかありますが、今回は、そのリスクに関してお伝えします。まず、顔脱毛中のやけどの危険性です。顔脱毛中の火傷は、レーザーが原因です。その日の体調によっても、急に火傷になってしまう可能性があります。施術の後に肌の痛みを感じたり、ミミズ腫れになってしまうこともあります。その部分を冷やしたり、病院で処方された薬剤を塗布すると、数日で赤みや痛みが引くものですが、症状がひどければ、水泡ができ、激しく痛む場合もあるため、注意が必要です。

 

火傷は取り返しのつかない状態になることもあるため、肌トラブルの中でも、最も注意が必要であると言えます。火傷に似た症状で、肌が赤みを帯びたようになるものに、炎症性浮腫というものがあります。浮腫、すなわちむくみが脱毛後のダメージによって起きてしまい、脱毛をした周辺に軽い腫れが起きてしまうものです。この症状は、脱毛の施術を行った人のほとんどに起きてしまう症状で、通常、数時間で治まるものですが、しばらくしても症状が長引く、悪化するということがあれば、必ず、医師に相談するようにします。

 

次に、施術後に肌荒れや、ニキビができてしまう場合です。脱毛に使用する、レーザーの皮膚への刺激が強すぎると、毛のう炎といった、肌に炎症が起きた状態になってしまうこともあります。次回、施術を行う場合に、医師にそのことを伝えるようにすべきです。また、産毛が濃くなることも考えられます。レーザーや光が、毛根を刺激してしまい、その部分が活性化して、毛が強く、太くなってしまう可能性も考えられます。それを避けるためには、産毛の毛根に、出力の高いレーザーで処理をすることなどがありますが、これは火傷のリスクを高めてしまうため、十分相談しながら行うようにします。顔脱毛には、様々なリスクが考えられますが、注意するべき点を理解しておけば、安心して受けられる施術だと言えます。